税理士や弁護士が生活トラブルを即解決するメリット|ビッグな味方

男の人

大事な優先順位

女性

相続には、必ず優先順位があります。まずは配偶者、子供、そして親兄弟です。しかしこれは法律的な事で目安となるように決められている事であり、事前に弁護士等をはさんで相続問題についての話し合い等がおこなわれていれば、必ずしもこの通りに遺産相続が行われるわけではありません。その中でも1番有名な物が遺言書です、遺言書はどんな物事の中でも最優先として話が進められます。

ですから、遺言書に赤の他人の名前が記載されていたとすれば…全財産は親族などを放置してその人物に行ってしまうと言う事です。勿論、あまりにもな内容であれば裁判等を挟んで多少は止める事ができますが、しっかりと効力を持った遺言書があった場合、その内容自体を取り消しにする事はできませんので注意しましょう。
遺言書には有効となる為に書き方が決められており、この条件を1つでも失っていればその遺言書は無効になってしまいます。名前、サイン、はんこ、日付が入っている事は当然ですが、全部本人の直筆でなければいけません。
直筆のコピーだったり、日付が抜けていると言うような事があればそれらは無効になってしまいます。もし貴方が家族の為に遺言書を残したい…と思っているのなら、弁護士等につきそって貰いちゃんとした形で残しましょう。法的に無効な遺言書は残しても意味がありませんからね?
逆に言えば、上記の遺言書の決まりを守っていれば、チラシの裏に書いてあっても有効となります。